グリーンヒルズ津山 Globe Sports Domeで行われたつやまフードコレクション。雨予報でしたが天気も味方してくれて大盛況でした。

作るのにお待たせしてまいましたが津山榕菴珈琲、焙煎コーヒーともに完売しました。お菓子投げも当たりくじが多く景品交換所は大行列になっていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1a9c1f3c5a154c83325f1f06117451ea4e34b374

日時: 2024年6月9日 (日) 午前10:00~午後3:00
場所: グリーンヒルズ津山 Globe Sports Dome

豚肉脱骨の貴重な過程が見える体験イベントに参加しませんか?新鮮な豚肉をその場で味わえるチャンスや、津山の名産品を食べたりのんだり、様々な体験ブースが盛りだくさん。さらに、特別なコーヒーもご用意しています!

見どころ
・豚肉脱骨の実演:プロの技を間近で見学。
・グルメ体験: 新鮮な豚肉をその場で試食。
・特別なコーヒー体験: 津山の焙煎コーヒーを体験
・地元の名産品: 様々なブースで津山の味覚を堪能。
・お子様向けアクティビティ: 家族全員で楽しめる内容。

ぜひ、お友達やご家族と一緒にお越しください!

母の日ブレンド2024は、母の日にぴったりの贈り物としておすすめのコーヒー豆です。限定珈琲豆の200g入りで、中深煎りの風味豊かな味わいが特徴です。酸味がなくやさしい味わいが楽しめる一杯を、大切な母への感謝の気持ちと共にプレゼントしませんか。

このブレンドは、世代を超えて愛される味わいを追求し、職人の熟練した技術と厳選された豆によって生み出されました。母の日を特別な日にするための贈り物として、おだやかなコーヒータイムを提供します。心をこめて焙煎されたコーヒー豆は、一杯ごとにやさしい風味と心地よい満足感をもたらします。

母の日には、特別な贈り物で日頃の感謝を伝えましょう。母の笑顔と幸せを引き出す「母の日ブレンド2024」で、特別なひとときをお楽しみください。

https://shop.bankoku-coffee.jp/items/86064219

https://www.youtube.com/watch?v=k9RN0iCQ_28&t=8s

6月になりましたので定期便がブラジル(中煎り)になりました。

焙煎人一言:南国フルーツのような香味を楽しんでいただけます。後味はミルクチョコレートのような優しい甘味をかんじます。。

国:ブラジル 農園
エリア:バイーア サルチ農園
品種:カツアイ
生産処理:ナチュラル
焙煎度:中煎り

https://shop.bankoku-coffee.jp/items/47938603

5月になりましたので定期便がエチオピア(浅煎り)になりました。

焙煎人一言:モカフレーバーと完熟したフルーツのような甘さ
ベリー系のフレーバーがふわりと広がり、甘い
余韻を長く楽しむことができます。

国:エチオピア
エリア:ゲディオ・ハルスケ
品種:原生品種
生産処理:ナチュラル
焙煎度:浅煎り

https://shop.bankoku-coffee.jp/items/70832959

https://shop.bankoku-coffee.jp/items/47938603

平素より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。ゴールデンウィークに伴い、4/28(日)、29(月)、5/3(金)~5/6(月)まで休業とさせていただきます。この期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、休業明けの2024年5月7日より順次対応させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

焙煎士一言:ビターの中に、焦がしキャラメルのような甘味がほのかに感じられます。飲み終えた後のフローラルな余韻もお楽しみください。

新鮮なコーヒーが出来上がってます。岡山県津山市にお越しの際は、ぜひお寄りください。

国:タンザニア
地域:キゴマ
農園:カンヨブ
品種 :ブルボン他
生産処理:ウォッシュ
焙煎度:中深煎り

 

焙煎士一言:バランスがよくバニラのような風味、甘味も感じられる。

パパクチ農園ではアラビカ種のほかにロブスタとしてコンジェンシス種とカネフォラ種をかけ合わせたハイブリッド品種(C×R)と、今回のロットで使用されているペリディニア品種が栽培されています。コンジェンシス種はアフリカのコンゴに起源をもつといわれている種です。現在は主にインドで品質向上の為、他のカネフォラ種と交配させたハイブリッド品種が作られ、広く栽培されています。またペリディニア品種は「オールドロブスタ」とも言われる栽培品種で、インドでかつてさび病が蔓延した際、スリランカ経由でアラビカ種の代替品として持ち込まれたのが栽培の始まりとされており、今ではインドでよく見かけられる品種の一つとなっています。粒が小さいのが特徴ですが、木は大きく収量が多く、500メートルから1000メートルほどの標高で栽培されています。どちらも品種を区別して栽培を行い、品種別・区画別の収穫がしやすい環境にあります。

国:インド
地域:ウエスタンガーツ
農園:パパクチ
品種 :ペリディニア
生産処理:ウォッシュ
焙煎度:中煎り ハイ

ケニア シンバ
ケニアのエンブ地方で生産される深煎りのコーヒー豆です。淹れたてはエキゾチックな香りにシトラスを感じさせ、温度が下がるにつれてミルキーな口当たりと丸みのある苦味が心地よいのが特徴です。口に含んだときに広がる甘さ、その甘みに包まれた柔らかい苦味を持つコーヒーです。

このコーヒーの名前である「シンバ」は、現地の言葉で「ライオン」を意味します。ケニアには国立公園、国立保護区、動物保護区が59か所も存在し、世界でも有数の野生のライオンが生息する国。サバンナの頂点に立つその姿は強さの象徴として、世界中のモチーフとなっています。しかしながらそのライオンも気候変動によって餌となる動物減少などによって、生息数の減少が確認されています。ケニアのコーヒー農家は、その壮大な大自然の恵みに感謝し、コーヒーの生産を通じて(植木や土壌保全・保護地区の確保等)、少しでも環境改善・保全の一環になればと、日々農作業を行っています。そんな肥沃なケニアの大地が生む、ライオンのような力強い味わいをお楽しみください。

 

ギチュグ コーヒー ファクトリー

シンバ AB TOPは毎年ケニアで収穫される数あるロットから、力強いボディとカシス感があるコーヒーを選定して商品化されています。今回のクロップではケニア山のふもと、エンブに位置するGichugu(ギチュグ)Coffee Factoryからのロットをご紹介いたします。ギチュグコーヒーファクトリーは、1970年代初頭に操業を開始し、近隣のカンヴィブ、ギチュグ、マニャッタの村の生産者さんが育てたチェリーを集め精製を行っています。精製はケニア式と呼ばれる精製方法。チェリーは果肉を除去された後、カナルと呼ばれる水で綺麗に洗浄され、アフリカンベッドで7~15日間かけて乾燥が行われています。この精製方法は多くの水を使用しますが、使用した水はそのまま排出せず、浄化層に一旦貯められ、微生物の力を使用して浄化し、環境に影響がない状態にしてから排出しています。またファクトリーでは周辺農家さんにシェードツリーの植樹を推奨しており、バナナやマカダミアナッツ、豆類など様々な植物が植えられ、コーヒーの生育を助ける働きをしています。

国:ケニア
地域:エンブ
農園:ギチュグ
品種 :SL3他
生産処理:ウォッシュ
焙煎度:中深煎り フルシティ

2024.4/19(金)
きたまちマルシェ vol.5
日時 2024年5月19日(日)10時〜15時
場所 北町公園(真庭市久世266-2)
毎回すごい賑わいのきたまちマルシェさんのイベントに

今年も参加させていただきます!

会場も出店もスケールアップしてるみたいです。

コーヒー片手に公園をぶらりしてみね!

© 2024 BANKOKU COFFEE. All Rights Reserved.